阪神・ケラー、来季残留濃厚 高い奪三振率12・66を評価 開幕直後は不振で守護神失格も6月以降は安定 (スポーツニッポン)

 阪神のカイル・ケラー投手(29)が来季の戦力構想に入っていることが9月30日、分かった。
来日1年目の今季は33試合に救援登板して3勝2敗3セーブ。開幕直後の2戦連続セーブ機会失敗から立ち直り、6月以降は安定した投球を披露。
すでに次期監督には岡田彰布氏(64=野球評論家)の就任が内定。新政権での飛躍も期待される。
自力でのクライマックスシリーズ(CS)の可能性が復活したチームはこの日、
甲子園球場で全体練習をし、今季最終戦となる2日のヤクルト戦(甲子園)に備えた。

 ケラーの持ち味は高い奪三振率で、ここまで12・66を誇る。150キロ超の直球と鋭い縦のカーブを軸にして今季は32イニングを投げて45個を奪った。
関係者によれば、この点も評価されて、来季も戦力として残留交渉を進める意向であることが判明した。